FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第316段:くしゃみ、鼻みず、鼻つまり

バレンタインデーが近づくと山陰地方もスギ花粉症の季節が本格的に到来します。

スギ花粉症は1960年代から認識されてきた比較的新しい病気の一つです。
三大症状といわれる「鼻水」「鼻つまり」「くしゃみ」に加えて「目のかゆみ」や「あふれ出る涙」に悩まされる方も少なくありません。

花粉症の報道が始まると自己診断で「花粉症です」と、受診される方が最近は多くなって来ました。

ところが、スギの花粉がほとんど飛ばない日にも花粉症のような症状で受診される方もいらっしゃいます。

典型的なスギ花粉症の患者さんは「雨の日はスギの花粉が少なくなるので楽です」といわれるのですが、前述のような方は「雨の日でも調子が改善しない」と言われます。

実はスギ花粉症のような症状が頻発する病気は花粉症だけではありません。

意外に多いのが血管運動性鼻炎と呼ばれる病気で気温の変化やストレスなどで三大症状があらわれてきます。
冷たい空気を吸ったり、温かい湯気に当たるだけでも症状が出てきます。

高齢者の方が「熱もないのに鼻汁やくしゃみが出て寒気を感じるので風邪をひいたようだ」と受診されることもあります。

こんな患者さんにはアレルギーの検査をしてみても花粉に対する過敏性は表れません。

ある日、こんな症状に良く効く漢方薬があることに気がつきました。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)とか麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)とか苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカン・キョウミ・シンゲニントウ)と呼ばれるような漢方薬です。
漢方の考え方では花粉症のような状態には、冷えを治すような生薬とアレルギーを調節するような

生薬を配合しているので、結果として花粉症の方にも血管運動性鼻炎の方にも効果が期待できるのです(経験的にスギ花粉症と血管運動性鼻炎を合併している方が意外と多いのです)。
漢方薬でも健康保険が使えますので、かかりつけの先生とよくご相談ください。


島根県のシルバー人材センターの広報誌「しにあわーく」より
スポンサーサイト

第315段:お風呂に入る

年間1万4千人の方が亡くなる原因をご存知ですか?

厚生労働省の死亡統計をみると、老衰で亡くなる人が年間5万人余り、自殺は3万人前後、交通事故は7千人程度ですし、熱中症は千人足らずです。

実は、東京消防庁の数年前の推計で、日本全国では入浴中の死亡者数が年間1万4千人と計算されているのです。

この入浴中の死亡事故の内の8割から9割が65歳以上の方々なのですから、高齢者の多い日本では無視できない数字なのです。
そして亡くなった方の8割が「一人で入浴している元気な健康高齢者」であることも分かっています。

つまり、入浴中の事故がなければもっと長生きで来ていた人たちなのです。

入浴中に溺れるだけでなく、滑りやすい浴室での転倒や脱衣場と湯船の中の急激な温度変化のために様々な病気が起きていのではないかと考えられています。

入浴中の事故の特徴は、入浴が一人で行われることが多いため発見が遅れやすい、より高齢の人に多く、男性よりも女性に事故の発生頻度が高い、気温の低い日に起こりやすく、深夜から早朝の入浴が危険などと分析されています。

湯船にお湯をためて、入浴が一番のリラックスと感じている日本人はかなり多いようで、結果的に長湯をして湯あたりする場合もありますし、急に湯船から出て立ちくらみを起こす場合もあるようです。

日本人ではほとんどの人が週に3回以上湯船につかりますが、体を洗うことを目的とした米国人では週に3回以上湯船につかる人は4人に1人もおらず、ほとんどがシャワーで済ませているという報告もあります。

このため日本は他の病気での死亡率が低いにもかかわらず、家庭内の溺死や溺水、浴室での事故や死亡が多くなっているのです。

安全な入浴は、
①湯の温度は39~41℃
②長湯をしない
③脱衣場には暖房をいれる
④浴室内にはシャワーで高い位置から3分ぐらい40℃前後のお湯を流して床や壁を温める
⑤食直後や深夜に入浴しない。

など安全に配慮してお入り下さい。


「島根県シルバー人材センター連合会」機関誌「いきいき健康情報」より

第314段:備えあれば憂いなし

「子供が今年生まれた孫を連れて遊びに来て、
『お利口だったから何かご褒美を・・・』というのだよ、
『まだ1歳にもならないから、褒美も何もないだろ』と答えたら、
『何種類もの予防注射で何度も針を刺されたけど大騒ぎをしなかったので・・・」と、いうのです」
と話す方がいらっしゃいました。

「やっと、予防接種の後進国から普通の国になり始めたということです」と答えました。

最近の医療情勢にうとい方にはビックリの話ですね。

いわゆる新型インフルエンザの流行し始めた2009年より数年前から日本の予防接種の方針が変わり始めました。
それまでの日本の予防接種は、その副作用に焦点を合わせた報道が繰り返されていましたが、手のひらを返すように報道の内容が変わりました。

世界的には病気を予防するために積極的に予防接種をするというのが潮流で、日本の予防接種行政は20年から30年近く世界標準から遅れていたのです。

大人にも6・7年前から接種のお願いをしているワクチンがあります。
肺炎球菌のワクチンです。

肺炎の原因の菌のうち肺炎球菌と呼ばれる細菌で起こる肺炎は全体の1割から4割といわれています。
この肺炎を予防するワクチンなのです。

平成23年の日本人の死因の第3位は肺炎になりました。

島根県内では自治体が補助を出しているところもありますが、まだ全額自己負担の自治体もあり足並みがそろっていません。

65歳以上の高齢者には全員、50歳以上の糖尿病などの代謝性疾患や、気管支ぜんそくやたばこが原因で起こるとされている肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患などの方にはぜひ接種をしてほしいのです。

1度、接種すると5年間有効ですので5年経過したら追加の接種を忘れないようにしてください。

この冬のインフルエンザの予防接種も済ませて、安心して冬を迎えましょう。

肺炎もインフルエンザも死に至る可能性を高める病気だから、予防接種があるという現実を正しく認識してください。


『社団法人島根県シルバー人材センター連合会の広報誌』より

第313段:自身の人間ドック受診した

松本医院のお盆休みの間に、自分自身が益田医師会病院の人間ド​ックを受診しました。年齢にふさわしくいろいろな病気を持ってい​ますから、血液検査などは定期的に実施しています。しかし、やは​り他の医師の目や手で体をチェックしないと本当のことは分かりま​せん。便の潜血反応のための2日分の検体を持って出かけました。
 受付で待っていると健診を受けられる顔見知りの方から「あれ、​先生も健診ですか?」と声がかかります。「年末年始は病院も休み​だから、お盆にこうして人間ドックなのですよ」
 検査着に着替えて尿の採取、身長、体重、腹囲の測定、採血、胸​部CT、腹部超音波、上部消化管のスコープ検査、頭部MRIなど​と順番に検査が進みます。一通り検査が済むと、血液検査などすぐ​に結果のわかる項目を元に診察が始まります。まあ昨年と大差はな​い結果でしたが、「便潜血反応の2本の内の1本に潜血反応が陽性​に出ています、精密検査は受けられますね。今日予約して帰られま​すか?」との問いかけに「もちろん予約して帰ります」と答えまし​た。

 精密検査が必要だと言われて動揺したのか、最後の認知機能の検​査は全問正解とならずショックが追い打ちをかけてしまいました。​もちろん認知症とは程遠い検査結果でしたが足取りの重い帰り道で​した。
 人間ドックを受けてから細密検査までの2週間、やはり自分も人​の子ですから、色々と考えました。「精密検査できっちり病気が見​つかったら、それで処置しておしまいの方がいいよな、どこにも異​常がなかったら潜血反応の陽性の原因探しが始まってあれこれ検査​が続くし、今後も何かあると気にかかるようになるから、精神的に​も良くないかな?」などと考えている自分に気がつきました。
 健診結果の解釈は様々ですし異常なしといわれても、自覚症状が​あったりすると見落としではないかとか色々考えてしまいます。毎​年のように生活習慣を変えましょうと指摘されても、一向に悪化の​兆しがなければ生活習慣を変えることなく悪化への道を歩んでいる​方も少なくないようです。
 健診は受けているけど結果は確認していない、精密検診に行って​もいつもと同じ指導内容だから再検査には行かないとか、せっかく​受けた健診が無駄になっている方も少なくありません。
日本では5歳の子供以外はすべての年齢で年に1回は健康診断を受​けるように法律が整備されています。この健診さえも受けずに自分​は健康だと錯覚したり、病気があることを認めたくないから健診を​受けないという方も少なくありません。葬儀の時に「健診も受けて​いなかったから・・・」という言葉にならないようにして下さい。
 2週間後の精密検査では心配した所見もなく「来年また検査を受​けます」と私は答えて午後の診療に戻りました。

『いわみ談話室』より

第312段:みんなに感謝の還暦の会

6月18日、学校医をしている益田高校を訪れました。
2日前の​土曜日に私たちの同窓会と学校見学会を開いて校内の案内をしていただいた​お礼を述べるためでした。

昨年の暮れから今回のことをお願いしていまし​たので、在学中のクラス別の写真や当時の資料が用意されており、訪れた3​0人ほどが再開と思い出に花を咲かせていました。
校長先生から私たちの卒業​後の高校の経過や現況の説明をしていただきました。
私たちが在籍していた頃は木造​の校舎で、鉄筋コンクリートの校舎は建築中でしたがその新校舎も既に42年​、年齢を感じてしまいました。

学校内を見て歩いた後、大きな秘密のプレゼントがありました。
吹奏楽部の部室に立ち寄ると、生徒たちが練習を中断して私たちに校歌の演奏をしてくれたのです。
私たちの思い出のために奏でてく​れた懐かしい、胸に響く演奏に目頭が熱くなった友人も少なくなかった​ようでした。

感激の拍手の後、感謝の言葉を述べて懇親会へと向かいました。

誰かが高校に忘れ物をしていてその連絡の際に、すばらしかった吹奏楽部の演奏への感謝の気持ちを電子メールで伝えておきました​。

月曜日に学校に伺った時には校長先生から吹奏楽部の部員に感謝の​文書が出ており、その中に私からの電子メールの内容も引用されていました。詳しく​話を聞くと演奏した生徒のほうからも「先輩に聞いてもらえてうれしかった」​との感謝の言葉もあったようでした。

一昨年の秋に、そろそろ同窓会でもと東京在住の同級生から提案​され、すぐに親しい友人と相談して、私たちの大半が満60歳つまり「還​暦を迎える年」に開催をしようということで話をまとめ、10人足らずのメンバーで​名簿の整理から始めました。

仕事を済ませた後の夜間の会合を何回も繰り返し、徐々に準備が進み本年3月にやっと案内状が発送できました。

卒業したときには251人でしたが既に11人が鬼籍に入ってお​り、30人ほどは連絡が取れず、数人は住所の公表をしたくないとの回​答もあり時代を感じながらの準備でした。
いったい何人が出席できるのか予​想もできないまま、5月末の出欠の締め切り日を待つしかありませんでした。

結局92人が出席、北は秋田県、南は宮崎県からもこの会のために​帰省してくれました。
思い出せない顔と名前、名札を見てお互いを認識して、驚いたり喜​んだりの風景が会場のあちこちで繰り広げられました。

懇親会の前に撮影した記念写真は1次会終了と同時に全員に手渡し​、それぞれが2次会、3次会へと繰り出して行きました。
役目は完了​と思ったら大間違いでした。写真の顔と名前が一致しません。

翌日から大慌て​で手分けして名前と写真を照合した用紙を作成して感謝の便りをつけて出席者と​都合で欠席した同級生にも送り終わったのは6月末でした。

心地よい疲れの中に大きな満足を得ることができました。関係者に​感謝!

「いわみ談話室」より
プロフィール

taijindo

Author:taijindo
島根県益田市にある松本医院(内科・小児科・アレルギー科)の院長です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。