FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第316段:くしゃみ、鼻みず、鼻つまり

バレンタインデーが近づくと山陰地方もスギ花粉症の季節が本格的に到来します。

スギ花粉症は1960年代から認識されてきた比較的新しい病気の一つです。
三大症状といわれる「鼻水」「鼻つまり」「くしゃみ」に加えて「目のかゆみ」や「あふれ出る涙」に悩まされる方も少なくありません。

花粉症の報道が始まると自己診断で「花粉症です」と、受診される方が最近は多くなって来ました。

ところが、スギの花粉がほとんど飛ばない日にも花粉症のような症状で受診される方もいらっしゃいます。

典型的なスギ花粉症の患者さんは「雨の日はスギの花粉が少なくなるので楽です」といわれるのですが、前述のような方は「雨の日でも調子が改善しない」と言われます。

実はスギ花粉症のような症状が頻発する病気は花粉症だけではありません。

意外に多いのが血管運動性鼻炎と呼ばれる病気で気温の変化やストレスなどで三大症状があらわれてきます。
冷たい空気を吸ったり、温かい湯気に当たるだけでも症状が出てきます。

高齢者の方が「熱もないのに鼻汁やくしゃみが出て寒気を感じるので風邪をひいたようだ」と受診されることもあります。

こんな患者さんにはアレルギーの検査をしてみても花粉に対する過敏性は表れません。

ある日、こんな症状に良く効く漢方薬があることに気がつきました。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)とか麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)とか苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカン・キョウミ・シンゲニントウ)と呼ばれるような漢方薬です。
漢方の考え方では花粉症のような状態には、冷えを治すような生薬とアレルギーを調節するような

生薬を配合しているので、結果として花粉症の方にも血管運動性鼻炎の方にも効果が期待できるのです(経験的にスギ花粉症と血管運動性鼻炎を合併している方が意外と多いのです)。
漢方薬でも健康保険が使えますので、かかりつけの先生とよくご相談ください。


島根県のシルバー人材センターの広報誌「しにあわーく」より
スポンサーサイト
プロフィール

taijindo

Author:taijindo
島根県益田市にある松本医院(内科・小児科・アレルギー科)の院長です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。